鮭 イクラ 捌く

今日の記事タイトルの「シャケを解体」
これは「シャケを買いたい」の誤変換ではありません。 

筋子をほぐしてイクラの醤油漬け作るのも好きなんだけど、魚を捌くのも好き。

Σヾ( ̄0 ̄;ノ
あ、安心して!
解剖とかそっち系の趣味があるわけではなく、何も考えずにただ黙々を手を動かしたい、そして美味しいものを食べたいというだけの話。

これまで捌いてみるシリーズはこちらにまとめてあります。



そもそも鮭って生食できないって知ってた?

我々が普段目にしているシャケは1種類ではない。
紅鮭、白鮭(秋鮭)、銀鮭、キングサーモン、カラフトマス、トラウトサーモン、アトランティックサーモン

名前にマスがついてると鱒、サケがついてると鮭という単純なものでもなく、その線引きはイルカとクジラ、インコとオウムの違いに匹敵するほど曖昧。


天然と養殖

天然:紅鮭、白鮭
養殖:アトランティックサーモン、トラウトサーモン 


天然ものはその名の通り自然界のものをエサにしているから寄生虫も取り込みやすいのに対し、養殖は作られた専用食を食べているので寄生虫の心配がない。

そしてその寄生虫とは…悪名高きアニサキス!!

サバとかにいるあれです。
白いミミズみたいなアイツです。


アニサキスは生だとダメだけど、火を通すか冷凍すれば大丈夫。
つまりお刺身などの生食が危険なのであります。

そんなわけで警戒しつつワタシが買ったのは白鮭(秋鮭)のメスだっっっ!!
もちろんイクラ付き .。゚+.(・∀・)゚+.゚

鮭を捌いてみる

鮭 1尾 丸ごと

想像以上のサイズにチビりながらも捌いていくよっ!
3枚おろしにしていくのだが、骨は硬いのに身は柔らかいので難しい。
魚屋さんのようにスパッと綺麗にはいかず、捌くたびにうまくなりたいと思うのになかなか上達しません。

鮭 切り身
そんなこんなで切り身が20切れ以上爆誕。
到底食べきれる量ではないので1切れずつラップして保存、ラップして保存。
鮭 切り身
「捌く」という大仕事を終えたあとなので作業が地味!(笑)

サーモンカツ、焼鮭、サーモンフレーク、塩麹漬け…
鮭って幅広く料理に使えるから大量にあっても困ることはなさそう。

待望!イクラの醤油漬けを作る

鮭 イクラ 捌く
これよ〜これこれ!!
イクラの醤油漬けを作りたくてメスにしたワタクシ。
(※イクラがない分、値段はオスの方が安い)

筋子を40度くらいのお湯でほぐしてイクラにして醤油液にドボン。
お湯使うのでちょっと白くなるけど液に浸ってしばらくすると宝石のようにピカピカになるから大丈夫。
イクラ 醤油漬け

醤油漬けの液は、醤油大さじ3、料理酒大さじ1、白だし大さじ1で作ったけどもっと醤油たしてもよかったかも。
ここまでの量のイクラは初めてで圧巻!爽快!
白ごはんにかけ放題でごはん何杯でもいけちゃう(*'▽'*)


鮭を丸ごと1尾買うってどーなの?と思ってたけど十分楽しめるね!


▼買ったのはこれ

注文してから発送されるまで3週間かかったので時間に余裕ある人向き。
配達日指定ができないのに加えて、発送予定日の連絡もなく突然「発送しました!」ってメールが来るんだけど、それまでいつ来るのかわからず家空けられなかったよ ( ;∀;)