バレンタイン モロゾフ

自分用チョコに散財した後、あげる用のチョコを買っていないことに気づいたワタクシ。
なんだかんだ悩むのが職場用のチョコ。
ね?みんなきっとそうよね?!

奥さまやパートナーのいらっしゃる方にハートとかはよろしくない。
たとえ義理だとわかっていてもいい気持ちはしないんじゃないかと思って毎年ハート系は避けている。

あと値段高いのもお財布事情的に却下。
うちは男女差が極端で、みんなでまとめてというのができない。
ゆえに一人一人に個別で渡すことになる。 
だから1つの単価が上がると自ずとアップアップになってしまうわけ。
義理だし、1000円以下で抑えたい。
お返しもいつもコンビニで売ってるチョコだし、お互いそれでwinwinでしょう!

…と勝手に思っているのだけど、どうでしょう(笑)

モロゾフのレオンシリーズ

バレンタイン モロゾフ レオン

今年はモロゾフのレオンシリーズにしました。 
ワタクシ的キャッチコピーは「ダンディーなボスたちへ」だ。

「ピアリッジ」の1番小さいやつ。
お値段540円で、コスパ良し!!
職場用バレンタイン 義理チョコ レオン モロゾフ
パッケージがおしゃれで男性が持っててもおかしくないよっ
正直パケ買いです。はい。

試食した結果、こちらの味はビター系で、まさにダンディな上司たち用としてもってこいなのでは?!とセレクト。

いっぱい入ってるバージョンなら本命チョコにも良さそうな感じ♪

フーシェの地球チョコ

フーシェ 地球チョコ オリンパス

キャッチコピー「地球1個分の愛を!」
初めてあげた年、甘いのは好きなのか?苦手なのか?など、どんなものが好みなのか知らなかったこともあって無難な一粒チョコにした。
これは地球の形で可愛かったのと、普通自分で1粒600円するチョコって買わないじゃない?
だから貰うことでしか食べる機会ないんじゃないかなーと思って。

だがしかし、これホワイトチョコに青い塗料を塗ってるチョコだったようで、表面が溶けると大惨事。
フーシェ バレンタイン 地球 オリンパス

要は溶けなきゃいいんだけども、パックから外そうと頑張っているうちに手がブルーに染まりました。
青が練り込んであるタイプなら良かったのかもしれない。

毎年大人気!Zoologyのアニマルチョコ

みんなチョコを食べられるとわかった年、遊び心でZoologyをセレクト。
こちらも500円〜1000円とちょうどいい価格帯。

だがしかし、ワタクシ危険な橋は渡りません!(笑)
大ボス、ボスのトップ2人には無難なセットになってるチョコを。



そして冗談が通じる(と勝手に信じている) 上司にチンパンジーを。
「…リアルすぎる…(゚д゚;)」とのリアクションを貰ったので、それなりにインパクトはあった模様(笑)
いいじゃんね、可愛いじゃんね!

その他ゾウガメ、カエルなど、みんな違うのにしたので箱のサイズもバラバラで、持って行くときちょっと面倒くさかったけど、可愛かったので結果オーライ!