朝焼け 熱海
photo by 新人君

以前、男はメモを取らない主義なのか?と言ってたけど訂正!訂正!
新人さんが席を外した時、机の上に広げられているメモ帳を発見。

めっちゃメモ取ってた (´Д⊂)

彼はその場でメモるのではなくて、一旦落ち着いてワタシがいなくなってから取る派だったのね。
そうとは知らず…ごめんごめん。

ワタシは自分が脳みその容量不足ゆえ、説明を受けたその場でガシガシと殴り書きするタイプ。
だからなんでメモしないんだろう?と自分視点でしか見えていなかったというだけの話でした。

そういえば調理実習とかも最初に全部説明受けた後「ハイ解散!今の通りにやってください」となると、まず何をすればいいのか最初のステップがすでに抜け漏れてるダメ女なのでね、わたくし。

…そんなんお前だけだっつーの!!


これ本人に言ってなかったからまだマシだけど、自分の思い込みや考えだけで突っ走ってしまうの良くないわ。ほんと。


で、チラりと見えたメモには
「○○をドラッグ」
「△△に〜〜を入力」
と一つ一つの手順が事細かに書かれていたのであった

(´;ω;`)ブワッ

あーー!そうだったそうだった

ワタシも自分がメモる時は、細かいことであっても全手順を説明受けてるそばからその場で殴り書きするし、上司にも「わたしをサルだと思って!細かすぎて要らんかな?ってことも含めて全部教えてほしい!容量フロッピーディスク並みなので全部メモします!」と伝えている。

なのに、いざ自分が教える側になったら、全手順を書くと膨大な量になって読む気失せるかなー?これはわかるだろうし省いてもいいよね?と超重要事項以外を省いてしまっていたのである。

新人教育は何回やってもコレ!という正解に未だたどり着けないなぁ


そして現在ぶち当たっている壁は「…またか。同じこと何回も言うとくどいかな?」とミスや通じてなかったところをわたしがこっそり修正していることです。
で、結果わたしの仕事が増えてゆく負のループ。
たまたまうっかりなら仕方ないにしても、本人気づいてない場合は言わなきゃ伝わらないよなーと思いつつも、強く言えない葛藤よ…(笑)