真鯛
どどん!と大きな真鯛をさばいてみるよっ♪
そう意気揚々と宣言したはいいものの、 これがなかなかに苦戦したのだった。

…骨が硬い!!! 

ハマチ、アジとうまくできたものだから調子に乗りすぎたか!?

関連記事

過去の魚記事まとめ

鱗も硬くてピンピン跳ねるし、鯛ってメジャーな魚のくせに捌くとなると結構厄介でした。

ビニール袋の中で包丁の背を使って鱗取りしたけど、これが結構大変で、専用の鱗取りが欲しくなるーーー!!


骨抜きはね、持ってるの♡
毛抜き?トゲ抜き?を大きくしたようなやつで、魚さばくなら必須アイテムよ!
これ使って中骨をガンガン抜いていきます。



鯛の湯引きのやり方

今回は湯引きチャレンジ♪
真鯛の湯引き

必要なもの
  • キッチンペーパー
  • まな板
  • 熱湯
  • 皮を剥いでいない状態の切り身
  • 氷水の入ったボウル

湯引きは、鱗をとっただけで皮を剥いでいない状態のまま、キッチンペーパーに包んでサッと熱湯をかけた後、すぐに氷水でしめます。
まな板を滑り台のように斜めにして、熱湯をかけるとお湯が溜まらずにいい感じに。

あんまり長時間熱湯に浸っちゃうと鯛に火が通ってしまうので要注意!
氷水でしめた後はしばらく冷蔵庫で寝かせる。
それだけ〜(*゚∀゚)っ



普通のお刺身と湯引きどっちがいいの?


皮を剥ぐ手間がない分、湯引きの方が作りやすい。
あと、そんなに皮が主張しないのでそこそこ食べやすい。

でも1度に両方出して食べ比べでもしない限り、どっちもそう大差ない気が…(笑)


魚の形をした骨「鯛の鯛」って何なのさ?

魚の形をした骨 鯛の鯛

せっかく丸ごと1尾の鯛をさばくのだから「鯛の鯛」を探してみようじゃないですかっ♪

わたしの大好きな時代小説『みをつくし料理帖』に出てきて気になってたのよね〜〜〜
これ、マジでオススメなので絶対読んでほしい。
ごはん好きな人は特にハマるよ!!


なんでも「鯛の鯛」と呼ばれる魚と同じ形をした骨があるというのです。
こちとら今まで数え切れないほど魚を食べてきたけど、そんなの見たことないわよ!?とググってみたら、フィクションではなく本当にあった。

wikipediaによると、
江戸時代から「めでたい鯛の中にさらにめでたい形がある」と縁起物として喜ばれていた
とあるじゃないですか。

江戸時代の人、よく気づいたな。平成のワタクシ完敗だ。


手ビレの付け根近くにあるとのことで、さっそくお出汁をとった後のホロホロの状態をホジホジ…
見つけるコツは穴の空いた骨を探すこと。
他のパーツとくっついてるので最初は、え…これ?と思っちゃうけど、ポロっとパーツが分解できて無事発見。

これが噂の「鯛の鯛」かぁ〜〜〜〜!
思ったほど鯛っぽくもなく、シルクハットかぶったシャチのようですけども (つд⊂)ゴシゴシ
1尾につき左右に1つずつ、計2つあるので、気になる方はぜひ探してみてください。