ラジオなんてオワコン!と思っていたのに
最近になって聞いてみたらラジオにはラジオの魅力があることを知る。
へー、CMってこう入るんだーとか
へー、今この人が売出し中なんだーとか
思ってたより古くさくなかったのが意外。


この前は、TOKIOの国分太一くんの自身の番組の宣伝文句にズコーっとなった。

「毎週木曜11:30頃やってます!
覚えてたら聞いてくださいっ」



なんというユルさ!!


「絶対みてね!」とか「ぜひ劇場へ足をお運びください!」とかが主流の昨今
「覚えてたら・・・」って!
こりゃ気になるじゃないの。
聞いてみたくなるじゃないの。

http://www.joqr.co.jp/reco/programs/tokio.html

で、実際に聞いてみたら
ファンからの「彼氏が出来ない」「進路について」といった悩み相談に
とくに当たり障りなく
「そうだよね~。でも大丈夫だよ、頑張って!」
と、ローラのようなコメントをして10分ほどで終了


・・・え?これだけ? (  ゚ ▽ ゚ ;)
実にユルい番組?コーナー?でありました。


そもそも、相談する側のリスナーも
自分を肯定してもらいたかったり
ただ背中を押してほしいだけなのかもね
それって意味あるn・・・ゴニョゴニョ



あと、アレね!
これはTOKIOが・・・っていうんじゃないんだけど
ラジオって深夜だと結構下ネタあるんだね。
なかなか際どい発言があって、
ちょっとこれ大丈夫なのー?とひとり慌てたまーちんさん
ホントに危なくなるとスタッフに曲を被せられることを知る(笑)

へーー、そういう仕組みになってんのか
このギリギリな感じがファンにはたまらないのだろうか
よくわかんないけど。┐(´ー`)┌


ラジオの魅力がそのユルさだとしたら
テレビの魅力って何だろう??