ドラマを観て、いつかちゃんと見たいと思っていた絵本『サルくんとブタさん』

絵本なんていつぶりだろか?

サルくんとブタさん―音が見える絵本/たどころ みなみ

¥1,365
Amazon.co.jp


これは『ラブレター』という昼ドラから生まれた絵本で、主人公の美波が描いたという設定で実際に出版されたもの。
だから「作・画 たどころみなみ」となっているけど実際の作者も絵を描いた人も別にいるのだ。


「昼ドラが好き」と言うと、ほとんどの人が「えー!あのドロドロしたのが好きなの?」という反応をするけど、昼ドラってドロドロだけじゃないです。

ピュアなラブストーリーもあるし、あの『花より男子』で大女優へと上り詰めた井上真央ちゃんが出ていた『キッズウォー』みたいのもあるし・・・

いろいろあるんです!

わたしもどちらかというとドロドロ系は苦手。


そして『ラブレター』はピュアなラブストーリーものです



主人公の美波は生まれつき耳が聞こえないけれど、
幼なじみであり初恋の相手でもある海司が音を教えてくれた

いつもそばにいてくれた

守ってくれた



ドラマの中で、耳の聞こえない美波に、海司が「俺がお前の耳になったる!」と言い、波の音は「ザブン・・・・ザザザー」だとか、飛行機の音は「ゴーー」だとか、音を文字にして教えていたんです。


そんな2人の思い出や海司へのありがとうの気持ちを込めて絵本にしたもの。



で、この絵本の絵がとてもかわいくて♪
久しぶりに水彩っていいなーと思いました。


淡く、重なり合って生まれた水彩の色、筆の動きが感じられる絵がとても素敵でした。

鉛筆の線も多少残っていたりして

今ってPC使ってペターッと色付けできるけど、手で描いたものをそのまま残す、そういうアナログの良さってあるよなーと、ほっこりあたたかい気持ちになりました。



ラブレター DVD-BOX1/鈴木亜美,山下リオ,松嶋友貴奈

¥13,860
Amazon.co.jp

この2人(美波と海司)子ども時代を小豆島で過ごすんだけど、海の近くで子ども時代を過ごすのには憧れる。



ヒビノタネ-RANKING
↑ いつか小豆島へ行ってみたい ↑
あなたのポチっとが励みになります