やっと映画観れました~~♪

手帳に「観たい映画リスト」を作っているんだけど、溜まる一方で全然消化できていなかったの。
『人間失格』も結局観れていないし、DVD待ちだなぁ~~

そんなわたしですが、最近邦画ブームのようで気になる作品は邦画が多い。
そういえばiPodの再生トップリストも邦楽が多くなってきてるし・・・
何かあるのかな? (・ω・)?

英語の勉強のためには洋画、洋楽にもっと触れときたいとこなんですがね ヽ(;´ω`)ノ
一応smart.fmでチビチビと単語の復習はしてますが。
  早いとこ初級を抜けたい・・・(TωT)



で、で、で!
ここからは映画の感想をばちょっとばかし・・・。


一言で言うと、台風のような作品でした。
ハッピーオーラ満載かと思うとスゥーーっと空気が変わったり、BGMもコロコロと変わるの。
その展開の早さに最初はびっくりしたけど、慣れたらあっという間に終わってしまった感じ。


わたしは元々原作のファンで、原作を読んでから(かなり!何度も読み返してます♪)映画を観ました。
だからある程度の展開はもう読めている、というか知っているんですが、それでもクスクスしたり、ニヤニヤしたり、ウルっときました。

ただ、やっぱり原作とは違う!
映画は映画で別物として楽しめるけど、原作には原作の良さが当然あるので、また読み返したくなりました。

あと、リアルトニーとリアルさおりが出ていたのも嬉しかった♪
  それにしてもトニーの役はおいしすぎる!


そして、結婚もそうなんだけど、さおりがちゃんと漫画家になりたい!漫画の仕事をしたい!と、徹夜を重ねて描き続けるところとか、編集部に売り込みに行くところが格好良くて印象的でした。

好きなことを仕事にすることに憧れというか羨ましいという気持ちを持ったし、それを貫くことも素敵だなって。

映画を観た後は、ふわんふわんした気持ちと、そんなさおりの行動力を見習ってわたしも頑張らな!という気持ちが入り交じった不思議な感覚になりました。


ダーリンは外国人―外国人の彼と結婚したら、どーなるの?ルポ。/小栗 左多里

¥924
Amazon.co.jp


ヒビノタネ-RANKING
↑ 次に観たいのは『ソラニン』と『のだめ』 ↑
あなたのポチっとが励みになります