昨日の朝5時20分
グラグラーーーッと強烈な揺れで目を覚ました。

地震にはもう慣れているところがあって
ちょっとの揺れなら「あー揺れてる…震度3!」と
自分の中で大丈夫そうだと判断して寝ることが多いけど
さすがに今回のはしばらく起きていた。

3.11以来、自分の震度センサーの精度が上がったようで
今回のも初めは震度5って聞いたけどわたしのセンサーでは推定4。
外では鳥がけたたましく鳴いていた。


さて、ちょうど今読んでいる本

生き残る判断 生き残れない行動
アマンダ・リプリー
光文社
売り上げランキング: 23,209


調査によると、災害時の人の行動には驚かされることばかり。
  • なにもしないで指示を待つ人が多い
  • 1人になるよりもみんなと一緒にいると安心する
  • 自分は違うと思っても周りの意見に合わせてしまう

視野が狭くなったり、音が聞こえなくなったり、
非常時の人間の脳って自分でコントロールできなすぎて自分は違う!と言い切れないんだよね。

韓国のセウォル号事件のニュースを見て、
あんなに傾いているのになぜ逃げないんだろう?
客室から出るなり、ドアを壁にロックして退路確保するなりしないのは何で?
とフシギに思っていたけど、
平常時と非常時とでは脳の動きがこんなにも違うんだなーと納得した。

そういえば3.11もセウォル号船内の高校生の映像も冷静だった。
危機的状況のとき、人はキャーキャーパニックになるよりも
「動けなくなる」のかもしれない。

これ、本を読んでもらえればわかるんだけど、
生き延びた人の行動を振り返ると色んな段階を踏んでるのよ。
それがかなり興味深いです、オススメ!

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
にほんブログ村