年の初めに2014年は「動」な年にしたいと記事にした。

あのね。
今年のわたしは出だし順調ですよ (* ̄Oノ ̄*)

台湾行ってきたどーーーっ!!!


台湾、それは親日国。
台湾、それは3.11のとき200億円も寄付してくれたところ。
台湾、それはかつて惚れたオトコの第2の故郷。

じ~~~~~ん。

第2の故郷はもういいとして、
募金してくれてありがとうと台湾の新聞に広告を出しただの
野球の試合で「謝謝」と横断幕を掲げただの
震災以降、何かと台湾のウワサを耳にした。

それまでのわたしの台湾のイメージと言えば
中国の一部?ということと
ビビアン・スーちゃんの故郷ということくらいなもの。
見てたよウリナリ! ポケビ!ブラビ!
タイミング~♪のCD持ってたよ!!





で、今回わかったことがいくつかある。
まず、台湾は中国の一部であって一部でない。

わたしたちが普段言う「中国」とは中華人民共和国の略。
台湾もそうかと思えば、こちらは中華民国なのだ。

ちなみに英語にすると
中華人民共和国は People's republic of China
中華民国は Republic of China

ややこしやーーーーーヽ(;´Д`)ノ


事のはじまりは
毛沢東(中華人民共和国)vs蒋介石(中華民国)

清王朝を孫文が倒し1912年に中華民国設立
→毛沢東(共産党)と蒋介石(国民党)が争い、蒋介石は台湾へ逃げる
→1949年、毛沢東が中華人民共和国を設立
以来どちらも自分が正式な中国だと主張している

そんでもって、
大陸中国は台湾を国内と見なしているのに対し
台湾は大陸中国を国外と見ている。
よってパスポートも違う。


しかし国連を始めとして多くの国の見解では
大陸中国つまり中華人民共和国を国として認め、
大陸中国が台湾もうちのもんだと言うので中華民国を認めていない

台湾

わたしが学生時代使ってた地図では
中国ってことでまとめて一色で塗られている。
※この画像だと韓国もルソン島も同じ黄色っぽいけど
実際はオレンジと黄緑でちゃんと色分けされてます。



日中戦争(1937)では、
日本は中華人民共和国と戦っていたもの思ってたけど
実際は中華民国と戦ってたのね。
その割には台湾の方が親日なのはどうしてなんだろう?
詳しい方誰かおしえて。


・・・しまった!
台湾の説明で終わってしもーた
次の記事ではちゃんと台湾着くから!
にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
にほんブログ村