「ネコのしっぽとカエルの手だったら、どっち選ぶ?」


・・・何それ? (=◇=;)
しいて言うならネコのしっぽかなぁ

ネコアレルギーだから実際に触ったら大変なことになるけど、カエルの手はちょっと・・・

で、何なの?って話なんだけど、その時は「そっか~」と返され、この話は終わった。


そして後日、
テレビ欄を見ていて見つけた「猫のしっぽとカエルの手」という文字。


あーー!
あのわけわかんない質問はここから来ていたのか!!


何でいきなりネコとカエル?と思ってたら、そういう番組があったのね!! なるほど!



そうしたら妙に気になってきた。
ネコとカエル、あんまり共通点ない気がするんだけど、一体どういう意味でつけられたタイトルなのか・・・?


と、早速観てみたら、これ、京都在住イギリス人のベニシアさんの暮らしを追っているもので、なんかターシャっぽいのだ!


ターシャとはご存知の方も多いと思うけど、アメリカの絵本作家でガーデナーのターシャ・テューダー

数年前にその世界観にどっぷり惹かれて、わたしも本を何冊も買った。



一方ベニシアさんは家族とともに京都にある築100年の古民家に住み、庭でハーブや花を育て、そこで摘んだハーブでハーブティーを作ったり、料理に使ったり、和と洋とをうまく織り交ぜているんだなぁ~

なんて素敵ライフなんだっ!
こういう常に時間に追われてない生活希望なのよ~~♪
20代にして既に隠居したい願望大アリのわたし ( ̄ω ̄ i)


そして気になるタイトルの意味ですが、

猫のしっぽとは、猫じゃらし系の植物のこと
カエルの手とはカエデの葉っぱのこと、らしい

そのままの意味じゃなくて植物のことだったのか・・・!

それを踏まえた上で、ネコのしっぽとカエルの手を選ぶとしたらカエルの手だなぁ~
あの赤くなる感じ、たまらなく好き!!


でもカエデってカエルよりカッパの手って感じがするんだよね

・・・いや、カッパ見たことないけど!(笑)
イメージ? なんとなく、そんな感じ。



ヒビノタネ-RANKING
↑ あなたのポチっとが励みになります ↑

でも「猫のしっぽとカッパの手」ってイヤ