ヘチマの種

節電の夏、ニッポンの夏
今年のまーちん家には頼もしい助っ人がいます。

その名も"SPONGE CUCUMBER" 

英語にしたらかっこいいかと思ったけど、何のこっちゃない「へちま」である。
っていうか「スポンジ」ってついちゃってる時点でなんだか食べ物感半減だよ…
英語圏のみなさんは食べないのかもしれないね。

しかしへちまって、食べれるし、タワシになるし、化粧水もつくれる、なんともすごい植物だってご存知?

…まぁ、実がなればの話ではありますけども  ( ̄ω ̄ i)


何を隠そう、わたくし瓜科の植物と相性が悪い。
前にトライしたズッキーニも花だけ咲いて実らなかったし

だから高望みはしないよっ!
ひとまずグリーンカーテンとしてしっかり役目を果たしてくれることを希望!!

ヘチマ発芽

芽が出やすいように、爪切りで種の先端に傷をつけて1日水に浸してから種まき。
発芽率は今のところ50:50。

コツは、え。大丈夫なの?と思うくらいちょっと大胆に傷をつけること。
1番上の写真見るとわかりやすいかな。
種の一回り内側にぐるーっと一周する感じで線が入っているので、そこの近くまで切り込みいれたよ。

それから結構暖かくなってからじゃないと発芽しない。
4月だとまだ寒い日もあったりするから、種まきはGWくらいがちょうど良い感じ(@東京)
で、1つ芽が出たらポコポコと、次の、また次のと出てくるので、種まきの時期さえ間違えなかったら放置しといても大丈夫そう。

もうちょっと大きくなったら植木鉢に移植しまっす! 
そしたら念願のグリーンカーテンだ♪

 
肌の健康を応援!ネオナチュラルファンサイト参加中