パイナップル定着
実は1度失敗しているパイナップル栽培。
自分なりの解析は下に書いておくとして、まずは成功例から!

パイナップルの育て方

  1. 葉っぱつきのパイナップルを丸ごと買ってくる
  2. 葉っぱと実を分けてカット
    ちょっと実を犠牲にする感じで、葉っぱの下の茎を優先して切るのがコツ 。
    ※この図の上の部分を使います。実はおいしく食べて♡
    パイナップル栽培 コツ
  3. 1番下の葉っぱをちょっと剥いて根っこを出す
  4. 数日間は水栽培
  5. 土に挿して日当たりのいいところに置く

はじめのうちは土に挿さっただけで全然定着してないから結構ぐらんぐらん。
頼りなくて心配になるけど、そのうち根っこが張ってくるのでご安心を。
植え替えのときに見てみたらこんなにびっしりと張り巡らしておりました。
パイナップルの根っこ


気をつけるポイントはこの2つ。
  • 温度
  • 南国生まれなので寒さにはめっぽう弱い。
    11月の終わりまで外に出していたら葉っぱが白く退色してしまったので、慌てて室内で越冬。
    だいたい5月のGWくらいに外に出します。

  • サイズ
  • 葉っぱの先が鋭くて先が尖っていて刺さると結構痛い。
    全方位に向けて大きく育つので必然的に大きい…。

 
アメリカのカリスマ主婦として人気のマーサ・スチュワート。
彼女の番組でパイナップル栽培のポイントとしてあげられていたのはこの2つ。
  • 実がなるまでは最低でも2年
  • 早く成長を促したい時は1/4に切ったリンゴを上に置く 
いや、実際2年以上育ててるけど実がなるどころか、花すらできる気配ゼロなんだけど…
このまま成長を見守りますよ、あたしゃ。
リンゴはエチレンガスの効果かな。
確かリンゴとキウイ一緒に置いとくと早く熟れるっていうし。

失敗の原因は水分過多?

過去に1度トライしてあえなく失敗したパイナップルの食べまき栽培。
その原因と勝手に推測しているのが水分過多だった説。

わたしは食べまき栽培のほとんどを最初は水栽培している。
目的は、ちゃんと根っこが出るのか確認するため。 
でもパイナップルはこの水栽培の時点で腐ってしまったのよねー
南国のフルーツだから元々あまり水分を必要としてなかったんじゃないかな?と思って。
だから2回目のときは早く土に植えてみたら見事成功した♪
 
パイナップル水栽培

ところで、パイナップルってどうやって実るかごぞんじ?

この葉っぱの下?
…ブー!

パイナップル 実り方
なんとこうなるのです。
あのパイナップルが葉っぱの上につくなんて!
斬新…( ゚д゚)

そして根っこは葉っぱをぺりぺり剥がすと出てくる白いのが根っこなのだ。
スーパーで売られている時にはすでにそれがカピカピのカチカチに乾いていて、こんなんで本当に水分吸えるんかいな?と不安になるくらいの乾燥っぷり。
それでもちゃんと育っちゃうんだもん。すごいな、南国フルーツは。