マダラ

久々に魚を捌きました。なんと魚えーっセット以来!

スーパーのお魚コーナーには、頼むと3枚降ろしとかお刺身用に切ってくれるところがあり、そこで丸ごと1尾買ったのだけど、やけに周囲の視線を感じる…。

あの子まるごとよ!

下処理されてないやつよ!

そんな心の声が透けて見えておるよー、みんな。
いたたまれなくなり、レジへ向かおうとしたそのとき


「…デカ!」


(´;ω;`)


たしかにビニール袋にも入りきらなくてムリヤリ押し込んでもらったけど!
でも、たとえ思っても声に出さないでよー!
心の中で泣いた。


早速お家に帰って調理開始!
タラは骨が大きいからいいですね
その分硬くて頭切り落とすのは苦労するけど。


あとね、内臓に寄生虫がいるのですよ。
内臓の袋の中にピローンとしたものが透けて見えてたりして。
魚にはこれは全然珍しくないらしいが、あたくしムリ!
「タラは内臓も食べられるので捨てるところのないスバラシイ魚です」とどこかに書いてあったけど、これ見ちゃったらムリだわ。

ちゅーか、魚は自分の体内に寄生虫がいて不利益を被るのとはないのかね?
人間はやるじゃない。
小学生のときギョウ虫検査やらされたわよ。
ひっかかる人見たことないけど。


さて、メイン用におろした後はお待ちかねのカマボコ作りだぜー!
ところで、カマボコはスケソウダラらしいけど。
タラコもスケソウダラらしいけど。
しかしマダラだって同じタラだ。
できないこともなかろう!

マダラすり身


身だけをミキサーで強制ミンチにしてコネコネ。
塩や卵白入れてマゼマゼ。
さぁ成形だ。板に乗せるぞ。

あのね…これが最大の難関だった
(ノω・、)


ある程度すり身はモッタリしているのだけど、やはり重力には逆らえない。

しかしカマボコといえばキレイなアーチを描くじゃないですか。
再現不可能。
これが精一杯。
バターナイフでせっせと成形するも、横からだらーーん、後ろがだらーーん、どろーーん。

タイミングを見計らって蒸し器にイン!

手作りかまぼこ


ビジュアル悪し。

でもね、味はすっっっっごーーーく甘い!
魚の甘さがかなり感じられるよ!
既製品のカマボコには魚っぽさはほとんどないけど、手作りかまぼこはこれ1品で成り立つほど味が濃い。
味だけで評価するなら既製品を越えてるね!!
…あれ、褒め過ぎた? ( ̄ω ̄ i)


そんなわけで見た目と味にギャップのあるものができました。


次があるかはわからないけどもしやる時のために…

【反省点】
最初からカマボコ板に貼付けるのは諦めて宮城の笹かまっぽくすればイケたかも。
あと、舌触りが既製品のような滑らかさに欠けた。
どんなになめらかになったように見えてもミキサー&すりこぎにすべし。