トルコ話のつづき~~

これまでのトルコ話はコチラ↓
トルコ 行き先は、土耳古!!
トルコ トランジットは戦なり
トルコ 最古の売春宿
トルコ トルコのトイレ事情

バラ   バラ   バラ   バラ   バラ



オンナノコは買い物が好き

これは万国共通なのでしょうか?


トルコのバザールでも女性客は多かったです。


不思議なもので、日本語で商品の説明をされたり呼びかけられると、
日本語を話せないお店よりも入ってしまいがち。

それをわかっているからかお店の人も日本語を覚えるみたい

実際「○○は日本語ではどう言うのか教えて」と言われたので教えてあげたり
ここの人はこうやって実践で覚えていくんだな~、おもしろい

中には「ボクハ君ノタメナラ死ネル!」とか言って
日本人の興味を惹こうとする人もいます ( ̄ω ̄ i)

・・・ねぇ、それ意味わかって言ってる?
今時そんなこと言う人いないし、
これ教えたのダレよ・・・


でも日本人のおばちゃんなんかは「んまぁ!!日本語上手ね~」と言って
店にお金を落としていってくれるので、日本人相手の商売としては有効らしい。


ちなみに彼らは色んな言語で観光客の気を惹こうとしているので
日本語のみならず、英語もイタリア語も、
自分たちの商売に関わることなら話せたりします。


でもつっこんだ話はもちろんできないし、
そもそも1000円=1 thousand yen というのもわかっていなかった。

彼らにとって、1000円は1000円なのだ

そういえば韓国でも1000円コールされたし、英世さん人気ですなぁ~


そんな中、日本語ができないチャイショップの人が英語で、
「これはキミにプレゼントだよ~、ローズチャイにするものなんだ」と言って
小指サイズのドライローズを1つくれた。

一応「Thank you!!」とお礼は言ったものの、
ぶっちゃけこの小さなローズをどうしたらいいかわからない。

1つじゃ到底チャイになんてなりっこないし、
乾燥していて今にも粉々になりそうなローズ。

ゴミ箱がないからとポイ捨てするのもアレだし、
ずっともっているのもな~~と思っていたところで
立ち寄った露店ジュース売りの人にジュース買ったついでにあげた。


困ってたローズも処分できてラッキー♪

Thank you, bye~~!!


すると・・・

「君は俺のことが好きなのか?」
          




「はい?えぇーっと・・・なんで???」
          ( ̄□ ̄;)



「花をくれたから」



「あ~それ、チャイ用のローズね。
        ありがとうの意味だよ。」


「・・・・そうか。
 トルコでは花をプレゼントするってことは、好意があるってことなんだよ。
     だからもしそうじゃないのならこれは受け取れない」


「ご、ごめん。知らなかったよ・・・
    そうだね、教えてくれてありがとう」

              ヽ(;´ω`)ノ



その後ドライローズは風に乗って街中へと消えた。



所変われば花でも大きな意味を持つ。
日本でも花を贈るというのは好意の表れと取れることもあるけど、
まさか小さなドライローズ(しかもチャイ用)でもそんなことになろうとは!

 (@Д@;


教訓:花を安易にプレゼントするべからず