柴又帝釈天 参道
柴又へ行ってきました!
レトロ感たっぷりで趣はあるものの、のきなみ現金払いオンリーというキャッシュレス民に優しくない街です ( ´Д`)
まぁ土地柄仕方ないのかもしれないけども。 

おせんべい 柴又

柴又といえば「男はつらいよ」
撮影で使われました!だの、ここに◯◯さんが座りました!だの「寅さんの街」を全力プッシュしており、映画ひとつでここまで盛り上げているのもなかなかすごいと思う。
それだけ人気作だったってことなんだろうけど、それにしてもやっぱりすごい。

世代じゃないからか「昔人気だった作品の主人公が住んでいたという設定の街」という印象なので余計にそう思うのかもしれません (;´Д`)
柴又 寅さん
寅さん見たことありますか?
ワタシはありません(笑) 

柴又へ行ったのはお守りのため

柴又 身代わり お守り
だったらYOUは何しに柴又へ?って話でして、目的はコレ! 

「病気、けが、事故など災難より身を守る」
身代わり地蔵でございます。

帝釈天の手前の参道はお店が立ち並んでおり、それも簡易テント的なやつじゃなくてザ・ジャパン!な純和風な本格的なやつ。
そこにこの身代わりさんが売られているのであります。
お値段は650〜700円。
画像のものみたいにギフト用にパッケージングされているか、単体で裸かが50円の差。

柴又 身代わり お守り
パッケージに入ってるものを買ったのですが、なにぶん長いこと店頭にいたのでしょう
…パッケージに砂埃がすごい( ;∀;)

人にあげる用だったのでティッシュと綿棒で拭き拭き。

いやー、まぁそうだよね
お店やってたのおばあさんだったしね。仕方ないよね。
コロナショックで観光客も来ず、商品入れ替わらないんでしょう。

柴又帝釈天


柴又帝釈天
ちゃんと帝釈天の方も行ってきて、古き良き建築物っぷりも堪能。
中にもお守りを売ってるところはあったけど、身代わり地蔵は外でしか売ってないのだそう。
でもこれ、中で売った方が本格度増して売れそうって思っちゃうけどね。
柴又帝釈天
シーサー
にゃんだこのかわいい手はっ!!(*´∇`*)

数日後にまさか自分がケガをするだなんて想像だにせず、へ〜、柴又に身代わりのお守りなんてのがあるのね〜。とりあえず買っとくか。くらいでいたこの時のワタクシ(後厄)
今となっては、なんて絶妙なタイミングだったんだ!と思う。